ダーリンは中国人?? 中国人男性と結婚した日本人妻のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに・・・

ついに、帰化の許可が下りましたー!!
申請作業を始めてから、1年以上かかりました。長かったー。
3月に最終的に面接があって、それから3ヶ月ほどって言われてたんだけど、
どうやら近々法律?が変わって、永住権の制度が変わるらしく、
その前に帰化してしまおう!!という人が多かったとかで、
結局4ヶ月かかりました・・・。

必要な書類などなど、詳しく書きたいのはやまやまなんですが、
膨大な量だし、人によって違うみたいなので、
また機会(と時間・・・)があれば、おいおい。

とは言え、それほど特別な書類ではなく、
基本的には、親族ビザやら滞在許可やらを取る時と、
あまり変わらないと思います。
ここにたどり着かれた方ならよーくご存知ですよね・・・。

違うのは最後に配偶者も面接されることくらいかな。
かなり緊張して行ったけど、書類の確認程度でした。
今後ずっと日本に住むのかとか、中国の両親はどう思ってるかとか、
そのくらいのことは一応ダーリンと話しておいた方がいいかも。

ではまた、次の機会に・・・。
スポンサーサイト

帰化、その後

3月ごろ手続きが一応完了した帰化手続きですが・・・
担当の方がおっしゃっていた3ヶ月を過ぎても一向に動きがありません。
官報というのに帰化許可の旨が発表されるらしいんだけど、
まだSamの名前は載っていないようです・・・。
官報はインターネット上でも見れるそうですよー。→コチラ

そんなわけで、今まで「帰化出来たら」と言っていた計画やら夢やらが、
なかなか進まず、ちょっぴり悲しい・・・。
きっと本人はもっと気にしてるんだろうなぁ。

でもそんな我が家にもうれしい出来事が!
先月、宝宝がついに一人あんよ出来るようになりましたー☆
CIMG3035.jpg
イエーイっ!!

帰化申請

今回は9ヶ月ぶりに戻ってまいりました。
毎度、お久しぶりです。

息子は3月で1歳になり、こんなに大きくなりました。
CIMG2368.jpg
月日が経つのって、早いですねー。

さて、ここ数ヶ月、実はドキドキ待っている物があるんです。
それは・・・Samの帰化の許可ですぅ。
去年の夏頃申請を出して、法務局に何度も足を運び、たくさんの書類を出し、
今年の3月にやっと申請手続きが完了しました・・・長かった。

通常、申請出来た時点で許可がおりることがほとんどらしいんだけど、
それにしても、長いっ!長過ぎるっ!

我が家の場合、私の実家に居候しているので、
両親に関する書類も必要だったりして、余計に煩雑でした。
しかも年度をまたいだからか、追加で今年度の納税証明を出せだの、
さかのぼって3年間のなんちゃら証明を出せだの、
なんか言われるままに提出したけど、嫌がらせ?!って思うくらい、
ホントにいろいろめんどくさかったー!
といっても、手続きはほぼSamが一人でやって、
私は面接に行ったくらいだったけど・・・。

面接は特に大変なことはなく、提出書類の確認程度で、
その後家まで来て、ホントに一緒に住んでるか確認?されたり、
私たちは何も後ろめたいことがないから、そこまでする?って感じだけど、
やっぱりここまでしないと、偽装結婚とかあるんでしょうね。

担当の方曰く、後2、3ヶ月で結果が出るらしいです。
そしたら、Samもついに日本人!!なんか変な感じです。
これから、「名字変わってますね」って言われたら、
なんて説明すればいいのかなぁ。「夫の両親が中国人なので」??

なにはともあれ、いい結果が出ますように・・・。

中国姓の読み方

毎度、お久しぶりです。
さて今日は、姓について少々・・・。

婚姻届を出す時に、一緒に改姓届けを出せば、
外国人配偶者の姓を名乗ることが出来るのはみなさんご存知の通りですが、
読み方っていうのは、自分で決められるんですよね。
このへんが日本の名前に対する曖昧なところで、
例えばMartinさんと結婚した人が改姓届を出す時に、
「マーティン」にしようが「マルティン」にしようが自由ということです。

読み方を自由に決められるのは漢字でも同じことで、
私も"夫の姓+中国語読み"で届けを出しました。
例えば王さんだったら、読み方を「オウ」ではなく「ワン」にしたんです。

中国に住んでいるときは全然問題なかったんですが、
いざ日本に住むとなると、中国でもちょっと珍しい名字なので、
名乗ってもなかなか1回では聞き取ってもらえないんですよね。
私はともかくSamは仕事をしているので、これはかなりめんどくさい!

ということで、読み方を日本語読みに変えることにしました。
名字を変えるなんて、大変なんじゃないか?!と思っていたのですが、
これがいとも簡単に、市役所に行くだけで変えられるんですよー。

日本では、戸籍には名前の読み方の表記がないんです。
だから、住民票のある市町村役所に行って、
「読み方変えたいんですけどー」というと、
その場で申請書に記入するだけで変えることが出来ます。

ただパスポートを申請するときに、
"ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書"を出していると、
表記の変更を今後しないことを宣誓しているので、要注意です!!

ちなみに帰化するときの夫の姓ですが、
人名用漢字に入っていれば中国の姓のままで問題ないのですが、
入っていない場合は、別の姓にする必要があります。
人名用漢字って、子供の名前にだけ当てはまるのかと思ったら、
名字にも当てはまるみたいです。
というのも、そもそも日本人は姓を変えることがないからということなんだけど。

しかし、ここにも抜け道があって、
日本人である私がすでに夫の姓を名乗っているので、
私の戸籍に入ることで、人名用漢字に載っていない姓でも名乗ることが出来ます。

ちなみにソフトバンクの孫社長も同じようにして、
孫という名字のまま帰化出来たらしいですよ。

そんなわけで、夫婦別姓の危機からは逃れられそうです。
いや、そんなことにはならないと思うけど。

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

宝宝、誕生

ご報告が遅くなりましたが、3月10日に男の子を出産しました

CIMG0200.jpg


なんちゃってハーフです。
夫の両親は漢民族ではないので、なんならクォーター?

毎日赤ちゃん中心の生活ですが、かわいくて仕方がないです。
そんな親ばかBlogは→コチラで。

今夫が帰化の手続きを始めているので、またそんな話題も近々・・・。

Recommend

はじめての中国語学習辞典
はじめての中国語学習辞典
相原 茂 (2002/02)
朝日出版社

旅の指さし会話帳DS 中国
旅の指さし会話帳DS 中国
Nintendo DS (2006/04/20)
任天堂

Blog Ranking

ranking

New Entry

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Links

<日中国際カップルのブログ>

list me!
+by BlogPeople
+by FC2 blog

Em@il me!

gmail

Info

Search

Pandas

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。