ダーリンは中国人?? 中国人男性と結婚した日本人妻のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国姓の読み方

毎度、お久しぶりです。
さて今日は、姓について少々・・・。

婚姻届を出す時に、一緒に改姓届けを出せば、
外国人配偶者の姓を名乗ることが出来るのはみなさんご存知の通りですが、
読み方っていうのは、自分で決められるんですよね。
このへんが日本の名前に対する曖昧なところで、
例えばMartinさんと結婚した人が改姓届を出す時に、
「マーティン」にしようが「マルティン」にしようが自由ということです。

読み方を自由に決められるのは漢字でも同じことで、
私も"夫の姓+中国語読み"で届けを出しました。
例えば王さんだったら、読み方を「オウ」ではなく「ワン」にしたんです。

中国に住んでいるときは全然問題なかったんですが、
いざ日本に住むとなると、中国でもちょっと珍しい名字なので、
名乗ってもなかなか1回では聞き取ってもらえないんですよね。
私はともかくSamは仕事をしているので、これはかなりめんどくさい!

ということで、読み方を日本語読みに変えることにしました。
名字を変えるなんて、大変なんじゃないか?!と思っていたのですが、
これがいとも簡単に、市役所に行くだけで変えられるんですよー。

日本では、戸籍には名前の読み方の表記がないんです。
だから、住民票のある市町村役所に行って、
「読み方変えたいんですけどー」というと、
その場で申請書に記入するだけで変えることが出来ます。

ただパスポートを申請するときに、
"ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書"を出していると、
表記の変更を今後しないことを宣誓しているので、要注意です!!

ちなみに帰化するときの夫の姓ですが、
人名用漢字に入っていれば中国の姓のままで問題ないのですが、
入っていない場合は、別の姓にする必要があります。
人名用漢字って、子供の名前にだけ当てはまるのかと思ったら、
名字にも当てはまるみたいです。
というのも、そもそも日本人は姓を変えることがないからということなんだけど。

しかし、ここにも抜け道があって、
日本人である私がすでに夫の姓を名乗っているので、
私の戸籍に入ることで、人名用漢字に載っていない姓でも名乗ることが出来ます。

ちなみにソフトバンクの孫社長も同じようにして、
孫という名字のまま帰化出来たらしいですよ。

そんなわけで、夫婦別姓の危機からは逃れられそうです。
いや、そんなことにはならないと思うけど。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

ダーリンと日本に住もう! その1

外国人が日本に住むためには、まず在留資格認定証明書を取得する必要があります。
これは、「ビザを取得出来るだけの資格があるかどうか」を審査されるもので、
これがないと、ビザを申請することが出来ません。

ちなみに、私たちが結婚してから今までの経過は・・・、

2004年9月: デンマークの市役所にて結婚。在ミュンヘン日本領事館より婚姻届を提出。
2004年10月: 2年間の中国生活。
2006年11月: 日本帰国。(Samはハルビンで待機)

ではまず、この在留資格認定証明書を取得するために必要な書類から。

1. 在留資格認定証明書交付申請書(様式その1、その2)
その1、その2とも、入国管理局でもらえます。
「その2」にはいろいろ種類があるのですが、
"T (「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者」・「定住者」)"という用紙を選びます。

2. 写真(縦40mm×横30mm)2枚
1枚は申請書に貼付け、1枚は裏に名前を書いて提出します。

3. 配偶者である日本人(ここでは、私)の戸籍謄本
婚姻事実の記載があるもので、3ヶ月以内に発行されたもの。
日本、または海外の日本領事館等で婚姻届を出していれば、婚姻事実の記載はあるはずです。

4. 外国の婚姻証明書原本と訳文
中国で婚姻届を出された方は、あのパスポートみたいなラブラブ結婚証明書を提出するのかしら?
訳文は自分で訳したものでOKです。

ちなみに私はデンマークで結婚後、中国へは届け出ていなかったので、
ここでちょっと面倒なことがありました。
というのも、このままでは夫は中国では結婚しているという事実がないんですよね。
そこで、日本では中国の結婚証明書の手続きは出来ないのですが、
中国領事館で、「戸籍謄本の認証」というのをしてもらいました。

しかしこれまた領事館に戸籍謄本を出せばいいというものでもなく、
まず外務省で戸籍謄本の認証印を押してもらい(国際的な書類として認めてもらうため?)、
それを中国領事館に持って行くと、裏にシールのような認証書が貼られて、
これで晴れて戸籍謄本の認証!!となります。
外務省の認証印の手数料は忘れてしまいましたが(数百円だった・・・)、受け取りは次の日、
領事館の方は、特急料金6,000円で、これも次の日に受け取り出来ます。
普通料金だと、3,000円(4,000円かも)で、4営業日で出来ます。

「戸籍謄本の認証」が無事済み、必要書類が揃ったら、
いよいよ入国管理局で「在留資格認定証明書」の申請をします。
普通、約3ヶ月で手続きが終了し、この「認定証明書」が届きます。
(この返信用切手として、430円分の切手が必要でした。)
ちなみに私は、2006年12月6日に申請し、2007年2月6日に認定証が届きました。
「日本人の配偶者」の資格だと、割と早く認定がおりるようです。

それから、この「在留資格認定書」を、中国にいるSamに送り、
それを、中国にある日本大使館・領事館に持って行き、ビザの申請をします。
中国では、パスポートと「在留資格認定証」があれば、大丈夫だったようです。
旧正月を挟んだこともあり、ビザがおりたのは約1ヶ月後。
3月31日に、無事Samは日本に来ることが出来ました。

Recommend

はじめての中国語学習辞典
はじめての中国語学習辞典
相原 茂 (2002/02)
朝日出版社

旅の指さし会話帳DS 中国
旅の指さし会話帳DS 中国
Nintendo DS (2006/04/20)
任天堂

Blog Ranking

ranking

New Entry

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Links

<日中国際カップルのブログ>

list me!
+by BlogPeople
+by FC2 blog

Em@il me!

gmail

Info

Search

Pandas

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。